仮面ライダーシリーズ

仮面ライダー フォーゼ

仮面ライダー フォーゼ

キャスト

  • 如月弦太朗 = 福士蒼汰(フクシソウタ)

  • 歌星賢吾 = 高橋龍輝(タカハシリュウキ)

  • 城島ユウキ = 清水富美加(シミズトミカ)

  • 朔田流星 = 吉沢亮(ヨシザワリョウ)

  • 風城美羽 = 坂田梨香子(サカタリカコ)

  • 大文字隼 = 冨森ジャスティン(トミモリ ジャスティン)

  • 野座間友子 = 志保(シホ)

  • JK(ジェイク) = 土屋シオン(ツチヤ シオン)

  • 速水公平 = 天野浩成(アマノ コウセイ)

  • 大杉忠太 = 田中 卓志(タナカ タクシ)

  • 我望光明 = 鶴見辰吾(ツルミ シンゴ)

  • 立神吼 = 横山一敏(ヨコヤマカズトシ)

  • 歌星緑郎 = 風間トオル(カザマ トオル)

ストーリー

青春スイッチオン! 史上初の学園宇宙ドラマ

天ノ川学園高等学校に、リーゼントに短ランという不良スタイルの転校生・如月弦太朗がやってきた。「俺の夢は、この学校の全員と友だちになることだ!」

そうタンカを切った弦太朗は、たまたま同じクラスにいた幼馴染の城島ユウキとの再会。一方、彼を無視する歌星賢吾にはさっそく「ダチになる!」と宣言する。だが、学園のルールをまったく知らない弦太朗は、アメフト部の部長である大文字隼や、チア部の部長である風城美羽に目をつけられてしまう。

そんな時、学校に突如《ゾディアーツ》と呼ばれる怪物が出現。弦太朗は校内のロッカーから通じている月面基地=ラビットハッチに保管してあったベルトを装着し、仮面ライダーフォーゼへと変身する。そして、ユウキらとともに学園を守るための仮面ライダー部を結成した弦太朗は、美羽や大文字をはじめとした部員を加え、部活動に励むこととなる。

その後、反ゾディアーツ同盟の朔田流星が転校してくる。最初は弦太朗に冷徹なふるまいを見せていたが弦太朗と賢吾の喧嘩、そして仲直りを見て友情を実感し、徐々にうちとけていく。だが、校内ではゾディアーツ幹部連の《ホロスコープス》も暗躍している。

解説

チャレンジングな今作

シリーズ初の学園を舞台とした作品であり、仮面ライダー部の活躍を中心とした青春ドラマが描かれている。その一方、宇宙がテーマとされており、仮面ライダー部の部室であるラビットハッチが月面基地であることをはじめとし、様々な宇宙開発の要素が登場。学園で展開される青春モノとのスケールのギャップが、本作の他とは一線を画すポイント。

天ノ川学園高校の雰囲気はアメリカの学園ドラマを踏襲しており、ギークやジョックスなどの階級社会など、日本ではあまり見られない描写も特徴的。仮面ライダー部の面々もバッドボーイ、ブレイン、ギーク、ジョックス、ゴス、スラッカーとバラエティに富んでおり、多様な階級の個性的な面々が繰り広げる、明るいタッチの軽快なドラマは本作の魅力のひとつだ。

戦闘シーンでのフォーゼは、40種のアストロスイッチの組み合わせを生かしたバリエーション豊かな戦いぶり。その中にはチェーンソーやスパイクなど、今までになかった武器によるアクションの他、ホッピングやビートなど、一見戦闘に無意味そうなスイッチを活かした戦い方も、バトルシーンの広がりに彩りを添えている。

劇場版「MOVIE対戦 MEGA MAX」は、Wやオーズといった前作、前々作のライダーや、なでしこら劇場版オリジナルのライダーに加え、伝説の7人ライダーである1号からストロンガーまで昭和仮面ライダーも登場。まさにMEGA MAXのタイトルにふさわしい内容で大ヒットを記録した。

ライダー

  • 仮面ライダーフォーゼ

    変身者=如月弦太朗

  • 仮面ライダーメテオ

    変身者=朔田流星

バイク

  • マシンマッシグラー

    フォーゼが搭乗/全長=210cm/全幅=82.5cm/全高=112cm/最高速度=506.9km

  • マシンメテオスター

    メテオが搭乗/全長=205cm/全幅=80cm/全高=110cm/最高速度=511.7km

ゾディアーツ

人間が星座の力を宿したゾディアーツスイッチによって、コズミックエナジーをまとって変身した姿。ゾディアーツスイッチは、天ノ川学園高校で密かに流通しており、一部の教師も所持している。

歴代仮面ライダーに戻る

関連記事

  1. 仮面ライダー 響鬼

    仮面ライダー 響鬼

  2. 仮面ライダーゼロワン

    仮面ライダー ゼロワン

  3. 仮面ライダー カブト

    仮面ライダー カブト

  4. 仮面ライダー ブレイド(剣)

  5. 仮面ライダー 電王

    仮面ライダー 電王

  6. 仮面ライダー 龍騎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP