仮面ライダーシリーズ

仮面ライダーキバ

仮面ライダー キバ

放映期間

2008年1月27日~2009年1月18日/全48話

キャスト

  • 紅渡 = 瀬戸康史(セト コウジ)

  • 紅音也 = 武田 航平(タケダ コウヘイ)

  • 麻生恵 = 柳沢 なな(ヤナギサワ ナナ)

  • 麻生ゆり = 高橋 ユウ(タカハシ ユウ)

  • 名護啓介 = 加藤慶祐(カトウ ケイスケ

  • 登太牙 = 山本 匠馬(ヤマモト ショウマ)

  • 鈴木深央 = 芳賀優里亜(ハガ ユリア)

  • 次狼 = 松田 賢二(マツダ ケンジ)

  • ラモン = 小越勇輝(オゴエ ユウキ)

  • 力 = 滝川英治(タキガワ エイジ)

ストーリー

ファンガイアと人間 2つの種族の2世代にわたる戦いと共存

1986年。人間の姿を借り、人間の生命エネルギーであるライフエナジーを吸収して生きる《ファンガイア族》が社会で暗躍し、それに気づいた少数の人間が、ファンガイアと戦いを繰り広げていた。そんなある日、ファンガイアハンターの麻生ゆりと、ファンガイアを追い詰めたところに居合わせたバイオリニスト紅音也は、ファンガイアと人間の戦いに巻き込まれていくこととなる。

それから22年後の2008年。音也と真夜の間に生まれた紅渡は、真夜の間に生まれた紅渡は、真夜から授かった《キバ》の鎧と、巨大な城のような龍《キャッスルドラン》を使い、ファンガイアと戦っていた。

当初は、ただひたすら戦うだけだった渡だが、ファンガイアと戦うために結成された組織「素晴らしき青空の会」に所属する名護啓介や、麻生ゆりの娘である麻生恵とともに戦うにつれ、自らの戦いについて考えはじめ、信念をもって戦いに挑むようになる。その後、人間とファンガイアのハーフであるという自分の出自を知った渡は、2つの種族の共存のために尽力し、過去に行っての父との出会いや、現代のファンガイアキングの称号を持つ登太牙との戦いと和解を経て、ファンガイアと人間の新しい未来を築いていく

解説

2世代の物語をスタイリッシュに描く

本作では仮面ライダーのモチーフに「ヴァンパイア」が採用されている。他にもキバに使役される3体のアームズモンスター、次郎、ラモン、力がそれぞれ狼男、半魚人、フランケンシュタインであるなど、随所に西洋ホラーの要素が盛り込まれた。

紅渡を主人公とする2008年と、その父親・紅音也を主人公とした1986年、2つの時代での親子の活躍が平行して描かれ、正反対の性格の渡と音也の親子をはじめ、ファンガイアの面々に至るまで、過去と現在の行動が絶妙にシンクロしていくのが見どころである。

敵であるファンガイアは、ライフエナジーを吸収して生き、長命であること以外は、人間と同じ性質を持つ。人間との共存を考える者もいる一方で、人間側にはファンガイアは全て敵と、その殲滅を試みる者たちがいるなど、種族間の対立と融和が描かれている。アクションでは、ダークネスムーンブレイクの際にはキバの脚の鎖の拘束が破れるなど、テーマを活かしたスタイリッシュな演出がなされた。

夏の劇場版『魔界城の王』では、本編同様22年前とのリンクがあり、ファンガイアさえも恐れる凶悪な種族レジェンドルガや、モンスターハンター組織3WAが登場。キバやイクサとの激しい戦いが描かれる。その一方で、渡が荒んだ暮らしから民生委員によって、高校生活を始めさせられてしまうというひと幕も・・・。『ディケイド』のキバ登場回では、人間とファンガイアが共存の道を歩んでいる世界が描かれた。

ライダー

  • 仮面ライダーキバ

    変身者=紅渡/必殺技=ダークネスムーンブレイクなど。⇒キバフォーム ガルルフォーム バッシャーフォーム ドッガフォーム ドガバキフォーム エンペラーフォーム 飛翔態 ドガバキエンペラーフォームなどに変身。

  • 仮面ライダーイクサ

    変身者=名護啓介、糸矢僚、麻生恵、襟立健吾、次狼、紅音也、ルーク、麻生ゆり/必殺技=ブロウクン、ファングなど。⇒セーブモード バーストモード ライジングイクサに変身

  • 仮面ライダーサガ

    変身者=登太牙/必殺技=ダークネスヘルクラッシュなど

  • 仮面ライダーダークキバ

    変身者=紅音也/必殺技=ダークネスヘルクラッシュなど

劇場版『魔界城の王』には《仮面ライダーアーク》《仮面ライダーレイ》が登場。

バイク

  • マシンキバー

    キバが搭乗/全長=251cm/全幅=94cm/全高=109cm/最高速度=520km ⇒強化形態《ブロンブースター》も登場。

  • イクサリオン

    イクサが搭乗/全長=203cm/全幅=72cm/全高=112cm/最高速度=753km

ファンガイア

人間の生命エネルギーであるライフエナジーを糧とするモンスターの一族。普段は人間の姿をして生活している。昆虫を模した「インセクトクラス」獣を模した「ビーストクラス」など、その種類は多岐にわたる。

考察

自分の子供らが、オーズの次のフォーゼからだったので、やっと少し落ち着いて仮面ライダーを見るようになったのが、このウィザードである。ウィザードと直訳すると魔法使いと訳せるので、えっ?という驚きから始まったシリーズでもある。そして、このウィザードまでは、おもちゃグッズがわりとお買い求めがしやすかったが、次のガイムぐらいから、おもちゃ価格がどんどん高騰していくので、買い物はちゃんと考えて買わないと、たかがおもちゃでも、すごい出費となる。

まず、ウィザードと言っても、あまり今までの仮面ライダーと、大幅に違うというほどでもない。最初の印象としては、敵が硬いなぁとか、魔法だからか、発動までに少し時間を要するようで、見てるこっちがハラハラしてしまうところがありました。

ウィザード編の肝は、白い魔法使いと、コヨミだろう。これは終盤にならないと、謎が解明されないが、悲しい物語であるなぁという感想と、最後は予想を超える展開もあります。2号ライダーである、ビーストもオモチャも買ったし、好きだったけど、ビーストは俺が食ってやるとか、食い意地ばっかりで、アホなの?と言いたくなるようなことも多く(でも強い!)、話は飽きそうなことも多かった。多少の粗さも目をつぶれば、まぁまぁ面白かった。

歴代仮面ライダーに戻る

関連記事

  1. 仮面ライダー 電王

    仮面ライダー 電王

  2. 仮面ライダー クウガ

    仮面ライダークウガ

  3. 仮面ライダー フォーゼ

    仮面ライダー フォーゼ

  4. 仮面ライダー ブレイド(剣)

  5. 仮面ライダー 龍騎

  6. 仮面ライダー ディケイド

    仮面ライダー ディケイド

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP