仮面ライダー 龍騎

キャスト

  • 城戸 真司 = 須賀 貴匡(すが たかまさ)

    本編の主人公。今作も主役がすごく明るい性格の人だが、ストーリーはライダー同志の熾烈なサバイバルゲームなので、ちょうどいいのかも。

  • 秋山 蓮 = 松田 悟志(まつだ さとし)

    真司と最後まで戦い続けるライダー。クールだが、いい人。ラストは意外な展開に。

  • 神崎 優衣 = 藤沢 あやの

    本編のヒロインで、謎持ちの女性。ストーリーで考えると、仮面ライダーウィザードは少し龍騎をヒントにしたところがあるように思える。

  • 北岡 秀一 = 小田井 涼平(おだい りょうへい)

    自称「スーパー弁護士」。永遠の命を得るために仮面ライダーゾルダとして参戦する。バッファロー型のモンスター・マグナギガと契約しているライダー。圧倒的な火力を誇る。はじめて見た時はこいつ卑怯すぎるだろうと思った。嫌な奴と言われているが、実は病気でツンデレ。

  • 浅倉 威 = 萩野 崇(はぎの たかし)

    強くて怖い殺人鬼。でもこういう悪い奴の方がなぜか人気が出る。蛇のようにしぶとい。

  • 神崎 士郎 = 菊地 謙三郎(きくち けんざぶろう)

    本編のカギを握る人物で、優衣の兄。でも、もうちょっと明るくラスボスっぽい雰囲気がほしかったな。ストーリー展開によってはこいつがラスボスとは言えないマルチエンド作品である。

  • 大久保 大介 = 津田 寛治

    やたら明るい編集長。

ストーリー

ぶつかり合う13通りの“正義”

街では、人々が失踪する事件が相次いでいた。「OREジャーナル」の見習い記者である城戸真司は、失踪者の部屋を取材中、奇妙なカードデッキを手にする。
それをきっかけに鏡の中に存在する世界《ミラーワールド》から密かに人々を襲う怪物を見る能力を得た真司は、突然ミラーワールドに吸い込まれてしまう。
真司は、《仮面ライダーナイト》である秋山蓮と、失踪した兄を探しているという女性、神崎優衣から《ミラーモンスター》と、それと戦う仮面ライダーの存在を知り、自らも《ドラグレッダー》と契約して《仮面ライダー龍騎》に変身。
ミラーモンスターとの戦いを決意するのだった。

激しい戦いの中、ライダー同士の争いを止めようとするが、それぞれのライダーの命を賭けた願いを知り、真司は苦悩する。
だが、最初は非常に徹していた蓮をはじめとするライダーたちも、強い意志をもって行動する真司と、行動を一緒にするうちに、戦いへの迷いが生じていく。

戦いでひとり、またひとりとライダーが命を落としていく中で、戦いが無効となると、神崎士郎の妹である神崎優衣が消滅すると知った真司は再び苦悩するが、自分の信じる「戦いを止める」という願いのため、戦うことを選んだ。

解説

後に海を渡った衝撃の作品

自らの願いを叶えるため、最後のひとりになるまで仮面ライダーたちが戦う、という従来にないハードな展開が話題を呼んだ本作。本編の最終回、テレビスペシャル版の2つ、劇場版と4つの“結末”が用意され、テレビスペシャルでは電話とインターネットによる投票によって結末が変わるなど、話の結末においても今までにない異例の展開を見せた。

そのコンセプトから、本作は『ディケイド』を除けば歴代最多の13人もの仮面ライダーが登場。デザインにはそれぞれが契約したモンスターの意匠が組み込まれており、新しい試みとしてコブラやカメレオン、コオロギなど、今まで怪人のモチーフとして多く使われていた生物が取り入れられた。

中でもコブラをモチーフとし、凶悪殺人犯である浅倉威が変身する仮面ライダー王蛇は、その強さと行動から、今も人気の高い仮面ライダーのひとりである。

戦いにおいては、カードゲームの要素が盛り込まれており、各ライダーの必殺技や能力の発動、そしてモンスターとの契約など、戦いに必要不可欠なものになっている。
このカードの要素は、『剣』や『ディケイド』などにも取り入れられた。戦闘シーンには、これまで以上にCGが使用され、各ライダーの必殺技は大変派手なものとなっている。

なお、米国版リメイクとして、『仮面ライダードラゴンナイト』も制作され、本作とは違ったストーリーが展開された。

ライダー

  • 仮面ライダー 龍騎

    変身者=城戸真司 / 身長=190㎝ / 体重=90Kg / 必殺技=ドラゴンライダーキックなど

  • 仮面ライダー ナイト

    変身者=秋山蓮 / 身長=195㎝ / 体重=95Kg / 必殺技=飛翔斬など

  • 仮面ライダー シザース

    変身者=須藤雅史 / 身長=190㎝ / 体重=93Kg / 必殺技=シザースアタックなど

  • 仮面ライダー ゾルダ

    変身者=北岡秀一 / 身長=192㎝ / 体重=110Kg / 必殺技=エンドオブワールドなど

  • 仮面ライダー ライア

    変身者=手塚海之 / 身長=190㎝ / 体重=92Kg / 必殺技=ハイドベノンなど

  • 仮面ライダー ガイ

    変身者=芝浦淳 / 身長=195㎝ / 体重=100Kg / 必殺技=ヘビープレッシャーなど

  • 仮面ライダー 王蛇

    変身者=浅倉威 / 身長=200㎝ / 体重=98Kg / 必殺技=ベノクラッシュなど

  • 仮面ライダー タイガ

    変身者=東條悟 / 身長=197㎝ / 体重=97Kg / 必殺技=クリスタルブレイクなど

  • 仮面ライダー インペラー

    変身者=佐野満 / 身長=195㎝ / 体重=94Kg / 必殺技=ドライブディバイダーなど

  • 仮面ライダー ベルデ

    変身者=高見沢逸郎 / 身長=193㎝ / 体重=95Kg / 必殺技=デスパニッシュなど

  • 仮面ライダー オーディン

    変身者=神崎士郎の代理人 / 身長=205㎝ / 体重=100Kg / 必殺技=エターナルカオスなど

  • 仮面ライダー ファム

    変身者=霧島美穂 / 身長=175㎝ / 体重=60Kg / 必殺技=ミスティスラッシュなど

  • 仮面ライダー リュウガ

    変身者=ミラーワールドの城戸真司 / 身長=190㎝ / 体重=90Kg

ミラーモンスター

ミラーワールドに生息しており、人間や他のモンスターの死亡時に出る生命エネルギーによって活動している。本作の仮面ライダーは、このミラーモンスターと契約することによって、多様な力を発揮した。

考察

今作の特徴は他の仮面ライダーにはないものがたくさんあるが、好みも人によって異なるだろう。
そして、エンディングも4通りあるというのも、本編のエンディングに賛否両論が出たからなのか、はじめからそういう風に考えていたのかは知らないが、なかなか興味深いところだ。

全ライダーの変身集の動画。そう今作は女性ライダーもいるのだ。

で、友情出演のアギトメンバー!!何ぃ~~~!!!

歴代仮面ライダーに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る