仮面ライダー ガイム 第30話「赤と青のキカイダー」(ネタバレ)

今回はメインストーリーはお休みで、キカイダーの映画の宣伝でした。はじめから次回予告しか楽しみがなかったが、晶ねえさんが、思いのほか出演シーンが多く、そこは良かったな!もっとねえちゃん出してあげりゃあなと思うんだが、姉というポジションじゃあ、難しいかな。電王の時の、ヒロインが消えてしまって、急きょ姉ちゃんにスポットが当たりだしたあの話みたく、晶ねえさんを守る戦いにとか、、、絶対無理だから、はい考えるのは辞めよう。

キカイダーとハカイダー、純粋に懐かしいわ。ハカイダーはとにかく強かった覚えがある。3人ぐらい、似たような奴がいた気がするし、2人乗りバイクと、女戦士、いたよなぁ。ま、そんなキカイダーな話はいいです。次々!!

大事なのが、DJサガラが言った「やはりおまえが持っていたか」というセリフ。あれこそ、最後のアームズ「極」!?のロックシードなのか。王様がサガラに渡していたような。ということは、貴虎にも絡みがありそうだ。いよいよ、クライマックスへの何かが見えてきそうな気配。次号に期待!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る